緊急『輝素だより』 2011.4.10

電話カウンセリングでのご質問

.最近、訳の分からない夢をよく見るのですが?
.私たちが寝ているときに見る夢には様々なパターンがあります。
『夢』のパターンには、
 A 現世の過去(子供の頃など)の体験
 B 胎児(お母さんのお腹の中にいたとき)のときにお母さんが感じたこと
 C 過去世のときの体験
 D 霊界人(死者)からのテレパシー
 E 異星人からのテレパシー
 F 未来(予知夢)の現象
 『夢』は私たちの通常の思考である脳の活動とは違い、睡眠や催眠中に脳の外から情報が入ってきます。その情報が脳の思考になってまるで映画を見るようにあたかも自分がそこにいるように思える現象です。
 人は脳の思考に現れたものを実感し体感したと判断します。動物もほとんど同じです。最近はE.異星人からのテレパシーによってメッセージや現象を受信し、夢の中に現れたり、F.未来(予知夢)の現象が波動テレパシーとなってこれから体験することを見てしまうケースも増えています。いずれにせよ、今の生活に余り関係がないようであれば気にせず夢日記などを付けずに見過ごしてしまいましょう。精神的な負担になるものは手放してください。

これからの電力

.今、東京電力の福島原発の事故により日本全体の電力が不足気味で、今年の夏の電力消費ピーク時間にはかなりの不足が予想されています。どうすればいいのでしょうか? 太陽光発電装置などを設置したほうがいいのでしょうか?
.確かに今回の原発事故は近隣諸国にまで多大な迷惑をかけています。先進各国からの救援・支援活動を以てしても人間置ではとても手に負えない状況です。また副次的になってしまっている火力発電なども大きな地震災害で稼働が危ぶまれています。
 前回の『輝素だより』て多少ふれた「ホピの予言」通り人類が体験する「浄化の日」が目前に迫っている感じです。
 この「浄化の日」が近いのであればどんな発電システムも通用しなくなると思われます。
 その日その時、無数の空飛ぶ円盤が現れる…と『オイカイワタチ』で渡辺大起先生が書かれています。電気で稼働させている今の人類の生活の仕方を全てストップさせられ、原始時代の生活を見直しこの地球と完全調和する新たなエネルギーの時代が到来するようです。
 いまでも野性の動物さんたちは電気・電力を使わず生活をしています。火すら使わず生活をしています。闇でも見える目、聞こえない音を聞くコウモリのような耳、言葉にしなくても伝えられるイルカのような脳。これらは完全に洗心ができると発達して感覚器官として活用ができるようになります。つまり霊性が高まるのです。
 『輝素だより』2010.3月19日号で書いた「お蔭様の力」の有識者会議を無識者会議にしなければできませんね。
 知、ではあらんと申しているであろうが…(ひふみ神示より)


 緊急『輝素だより』 2011.3.12

いよいよ岩戸開きです。

3月11日、東北沖の震源によるマグニチュード8.8の地震と津波によって日本列島に大きくダメージを与えた自然災害は、『ひふみ神示』の表現通り東北国常立命(ウシトラコンジン)が東北からお出ましになることが岩戸開きである…と記されていることがいよいよ起こったことです。

我(ガ)を捨てマコトに生きることが今後“半霊半物質”(コクーン状態)に変化してアセンションを乗り越えて行けます。

絶対な安全策は『洗心』と『光(八色光透波)』を浴びてコクーン状態でいることで三次元の災難や病気から完全に身体を護ることができます。

これから暫くの間は地震、火災、火山の噴火、津波など自然災害や細菌、ウイルスの発生と蔓延の期間になります。

また物質には囚われないことです。土地、家、貴金属など、今まで常識だった価値の有ったものはこれからは無価値になります。これからの真の価値は純粋な心、思いと地球と調和する正弦波のエネルギーです。

雑念、雑感を振り払って美しい自分、美しい地球をイメージしましょう。

トラウマを解消しましょう。
 
雑霊界からの係わりを断ち切りましょう。(霊界の浄化)
 
政府や専門家関係者からの隠された報道に惑わされないようにしましょう。

 
同時メディテーションに参加しましょう


 緊急『輝素だより』2 2011.3.18

Q.先日は緊急『輝素だより』2011.3.12号を送って頂ありがとうございました。私は地方で会社を経営していますが、また今回の東北地方や福島県の原発事故の土地からは影響が無い地域ですが、これからどの様にして生活や仕事をして行けばいいのでしょうか?
A.はい、ありがとうございます。とても大切なお考えのご質間です。
今回の東北関東大震災はある意味で神の経倫です。今まで封じ込まれていた神さまが東北地方沖の岩戸をお開きになってお出ましになり、魚座の時代から水瓶座の時代へ大転換させるための地震と津波を起こしました。そしてホピ族の教えの通り、人類がウラン鉱石を使って原子力を作用させてはいけないお示しの原発の爆発が同時に起こりました。単純に言うと人類に対する『神のお怒り』です。(イルミナティーの地震兵器のプラズマ波の攻撃…と言う説もありますが)
 では震災や津波で無くなった方々はどうしてですか?と聞かれればご心配無用、阪神淡路大震災のときと同様に無数の宇宙船が亡くなられた魂を救い上げられています。
 約2万以上の魂を救い上げノーヴァテーラ(地球と月の間にある星)へと移送して下さっています。
 そして更に我が日本はダメージを与えられ、3分の1しか残らない形になるようです。その3分の1の大和民族で新たな光次元のアクエリアスと太陽の時代を築きあげるのです。その間は暫く忙しくなるでしょう。ユーミンさんの歌♪“ハロー・マイ・フレンド”の歌詞の♪今年もたたみかけたストア♪の通り、ストアとは大手企業や政党、宗教や国家を意味していると思われます。それに続く♪離れても離れても心の中の友だちでいさせて…♪はアセンションして行ってしまった友だちに取り残された自分が投げかけている心の内みたいに聞こえませんか?
 ご質間に戻りますがこれからの生活やお仕事は今までのように売上や規模の拡大、他社との競争では無く、自分のハートや魂の中心に気づき、仲間のハートや魂とのエネルギーリレーションを捉えながら進めて行くことです。人間を始め動物や植物と。大気や地球と。そして宇宙から来ている異星人の友たちと。

♪それはそれは空を越えてやがてやがて迎えに来る…♪これは“春よ来い”のフレーズですね。
♪春よ!遠き春よ、瞼閉じればそこに愛をくれし君の懐かしき声がする
♪春よ!まだ見ぬ春、迷い立ち止まるとき、夢をくれし君の眼差しが肩を抱く
 この歌は正しくアセンションを描いた歌そのものですね。
 遠き春よ、まだ見ぬ春…とは毎年やって来る地球の四季の春では無く、光次元へとアセンションをする地球のことを『春』と言っているのかな…?
 夢をくれし君、とはプレアデス星人のことを言っているのかな…?
 この曲は終わったかと思うと22秒後にハールヨコイのリフレインが続きます。
 このハールヨコイ、ハーヤクコイを口ずさんでいればアセンションを迎えられそうですね。
 話は戻りますが“これからの生き方”は
  1.物ごとをポジティブに捉える
  2.朝日、タ日を見つめて松果体をチャーヂする
  3.ハートのチャクラのエネルギーをパワーアップする
  4.自分の魂を見つめる
  5.オーラを強化してライトバディー化し、コクーンになる
 これらを実施して軽〜く、の〜んびりと過ごしてください。
 2011.3.17、東京電カ、政府、自衛隊、消防庁等による必死の原発消火作業も虚しさを漂わせています。
 
.18の未明、やわやまはマー君と太陽パワーマンに大気中に滞留している放射能を消して頂くようお願いをしました。すると日の出と同時に太陽パワーマン君たちが太陽の金のヴェールから大気中に滞留している放射能を(アルファ波、ベータ波、ガンマ波等全て)グラヴィトン波で中和消去してくださいました。今朝はお空はスッキリクッキリ爽やかです。いよいよ岩戸開きです。





















                               TOPへ






copyright© 2009-2012 KISS GARDEN All Rights Reserved